【さくらVPS】サーバーアクセスして新しくユーザーを作成する方法

【さくらVPS】サーバーアクセスして新しくユーザーを作成する方法

こんにちは、nishi_talk(@nishi_talk)です。
今回はさくらVPSをWebサーバーとして構築する方法をご紹介します。

Webサーバーとして利用する方法として、よくレンタルサーバーを利用していますが、今回はruby環境を動かしたかったので、僕自身初体験のVPSを利用することにしました。

レンタルサーバーとVPSの違いをざっくりと解説すると、家具家電付きの部屋が「レンタルサーバー」で、そうじゃないのが「VPS」って感じです。

家具家電付きだと引っ越した当日から部屋として住めますが、そうじゃないとベットやテーブルを買ってこないとなかなか住み始めることができないです。その分自分の好きなベットやテーブルを買える(カスタマイズが自由)って意味ですけど。
ここらへんの説明は、フロント側をちょっとかじっているエンジニアより「ネコでもわかる!さくらのVPS講座」が解りやすく丁寧に解説されていますので割愛。

ここからVPSの設定方法を解説していきます。
さくらOSはインストールしている状態にしておいてくださいね。
執筆時はCentOS7
参考:ネコでもわかる!さくらのVPS講座 ~第二回「サーバーをさわってみよう!」

サーバーへログイン

まずはさくらで契約したVPSサーバーへログインをします。

Terminalを起動して、SSH接続します。

ssh root@xxx.xxx.xxx.xxx

xxx.xxx.xxx.xxxは自分が契約したVPSアドレスに書き換えてください。

初回にメッセージが表示されるので「yes」を入力。
次にパスワードを聞かれるので、契約時にメールで来ている初期パスワードを入力します。
以下みたいに表示がされていればサーバーにログインはされている状態です。

[root@ik1-xxx-xxxxx ‾]#

OSのアップデート
ログインしたら、最初にOSのアップデートをします。

# yum update

あとは質問されたら「yes」と打ち込みましょう。
パッケージのアップデートが完了すると「Complete!」と表示されます。

Complete!
No Packages marked for Update

を表示されても「アップデートするものがありません。」って意味なので特に何もしなくてOK。

一般ユーザーを作る

rootで直接アクセスをするとセキュリティー的に問題があるので、サーバーへのログイン用ユーザーを作ります。
Linuxのコマンド「adduser」でユーザーを作ります。

# adduser vpsuser
# adduser ユーザー名

次にパスワードを決めます。

# passwd vpsuser
Changing password for user vpsuser.
New password:

New password:と聞かれるので、パスワードを入力します。
確認のため、もう一度パスワードを聞かれるので再度入力。
これで新しいユーザーが作成されました。

確認のために、一旦接続を終了して新しく作ったユーザーでログインしてみてください。
無事にログインできればOK。

# exit
一旦接続を終了する

$ ssh vpsuser@xxx.xxx.xxx.xxx
新しく作ったユーザーでログイン

rootユーザーに変更するには新しく作ったユーザーでログイン後、

$ su -

とコマンドを入力して、rootのパスワードを入力するとrootユーザーに切り替えられます。

rootで直接アクセス出来ないようにする

一般ユーザーでログインできることを確認したら、rootで直接ログインを禁止します。
ここらへの設定は以下で詳しく解説されています。
ネコでもわかる!さくらのVPS講座 ~第二回「サーバーをさわってみよう!」

まとめ

OSをインストールして、まずはsshでサーバーログインをするところまでご紹介しました。
VPSの詳しい解説は本家「さくらインターネット」でも紹介されているのでぜひ参考にしてください。

未経験からでもエンジニアにはなれる!

中堅の年代になり、最近よくどうやってエンジニアになったんですか?と聞かれる機会が多くなりました。私は転職組で未経験からエンジニアになりました。 そこら辺のストーリーは「未経験からWebデザイナーになった経緯を紹介」で書いているのでそちらをご覧ください。

当時はWebの技術を教えてくれるスクールがあまりなく、私はWebの勉強は独学で勉強し転職したのですが、今はスクールの数も多くなっていてオンラインで受講できるところも増えてきました。

もし私が未経験でエンジニアを目指すなら活用したいスクールを紹介してますので興味ある方はぜひ参考にしてくだいさい!

tech boostオンライン

tech boostはエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているBranding Engineerが運営するオンラインプログラミングスクールです。

エンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているからこそのカリキュラムを実現しています。 また、転職サポート付きでスクール卒業後もキャリアも安心です。

オンラインスクールだからいつでもどこでも受講可能!これからプログラミングを学びたい方、エンジニアにキャリアチェンジを考えている方に、 特にオススメのサービスです。

初めてプログラミングを学ぶなら「tech boostオンライン」

CodeCamp(コードキャンプ)

オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービスです。高い学習効果が評価されテレビや新聞、ビジネス誌など*多くのメディアで紹介されています。

講師は全て現役のエンジニア。未経験から確実に習得するために開発されたオリジナルカリキュラムでWebデザイン、Webサービス開発、アプリ開発などを幅広く学習することができます。

多くの受講生が、現役エンジニアの手厚いマンツーマン指導によって確実にプログラミングを習得し、キャリアアップ・転職・独立起業などの目標を実現しています。

プログラミングのオンラインスクールのCodeCamp

DMM WEBCAMP

転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクールです。転職を保証しているため、未経験からIT業界へ転職を求めている方へおすすめです!

プログラミング未経験者でも安心のサポート体制をご用意しており、特に受講者アンケートでは『サポート体制がしっかりしていて魅力的』、『転職を保証していただいていることで安心』というレビーが多くしっかとしたサポートを提供しています。

実務に近い実践的なカリキュラムで、DMM WEBCAMPはチーム開発など、実務により近い実践的カリキュラムを導入しているため、転職先・就職後にいち早く活躍できるスキル・経験を積むことができます。

受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】

Udemy

私の周りの現役のエンジニアの人も活用しています。基礎をしっかり固めたい方や、実践向けの配信など幅広く解説している動画が豊富にアップされているので活用するのはオススメです。

習得したいスキル(プログラム言語)が明確で、年収アップのために学習している方やAI・機械学習を学んでスキルアップを目指しているエンジニアの方に支持されているます。

1講座あたり数千~数万円程度で実践的なスキルアップを経済的でオススメです。

【Web開発初心者向け!】Web開発入門完全攻略 充実の18時間コース